ようこそ! 「骨盤を矯正してダイエットする方法」へ
ホーム >  骨盤ダイエットの方法  > 自分でも簡単に出来る骨盤の歪みチェックをご紹介します

自分でも簡単に出来る骨盤の歪みチェックをご紹介します

骨盤矯正に興味がある方は、ぜひ自分の骨盤が歪んでいるのかどうかチェックしてみてください。
そのチェックの仕方ですが、床に何も敷いていない状態で仰向けになり、両足に力を入れない状態で揃えてください。
歪みがないなら、かかとが自然とくっついて、高さも同じ状態です。
その時につま先が自然と外に向いているかも見てください。

その状態のまま足を肩幅に開きます。
そうしたら骨盤の一番高い位置と床までの高さを測ってください。
骨盤が歪んでしまっていると、左右の高さが違います。

他にも正座をした状態で、助骨から骨盤までの左右の長さを比べてみましょう。
もしも大きな差があるようなら、骨盤が歪んでいる証拠。
例え大きな差がなかったとしても、仰向けの状態から腹筋だけで起き上がれない人は腹筋が弱っています。
腹筋が弱っていると、骨盤が開いていて内臓が下に下がっている状態かもしれません。

また外見でも骨盤が歪んでしまっているかどうかも分かります。
自分のお尻がぺっちゃんこだったり四角かったりしてませんか?
このような形のお尻の場合も、骨盤が歪んでいる可能性があるので要注意です!!

他にももっと簡単に骨盤が歪んでいるかどうかチェック出来ます。

・いすに座るとき足を組む
・正座やあぐらをかき辛い
・靴底の外がすり減っていたり、左右で減り方が違う
・スカートの中心がいつもずれる
・腕の長さが左右で違う
・寝相が悪かったり、仰向けで寝ることが出来ない
・いつも同じ方にネックレスがずれる
・ウエストのくびれている部分の高さが左右で違う
・猫背
・ブラジャーなどの肩ひもがすぐずれたり、左右どちらかの肩が下がっている

等です。

一つでも当てはまるものがあれば、骨盤が歪んでいる・開いている・ずれている可能性がありますよ。
骨盤矯正の体操やヨガ、ピラティス等を取り入れて、骨盤の歪みを治しましょう(*^_^*)


ウエストのくびれ作り