ようこそ! 「骨盤を矯正してダイエットする方法」へ
ホーム >  骨盤矯正  > 男女間で大きな違いのある骨盤

男女間で大きな違いのある骨盤

男女の体のつくりの違いは勿論ありますが、骨格の中で一番違う場所は『骨盤』なんだそうです。
どう違うと言うと、女性の骨盤は男性に比べると横に広がっていて短くなっています。
もちろん女性には生理があるので、それに合わせて開閉するんです。知ってました?
男性にはこんな機能はないですよね(^_^;)

骨盤には他にも女性らしいスタイルを保つために、とても大切な部分です。
それは、女性らしいくびれたウエストやお尻のラインが綺麗に見える事です。
でも、骨盤が歪んでしまっていると、その女性特有の綺麗なラインも崩れてしまいます。

女性の骨盤は開閉するとお話しましたが、生理が終わった頃から排卵の時期までにかけて、閉じていきます。
排卵があって次の生理が始める前までにかけて、開いていきます。
骨盤が閉じ始めて来ると、お尻が引き締まってきますし、骨盤が開き始めて来ると、お尻が垂れて四角く見えてくるんだそうです。
私も全く気がつかなかったんですけど、意識して鏡を見てみると、生理中は何となく下半身…特にお尻が大きく見えます(^_^;)

そして骨盤の中には男性には無い、女性特有の大切な臓器が入っています。
卵巣や子宮等がそうですが、脳から送られてくる指令は、骨盤の中にある神経から伝達されます。
もしも骨盤が正しい位置にないと、骨盤の中にある神経が圧迫されてしまって、神経の伝達がキチンと行われなくなってしまいます。
それが原因となって、生理痛や生理不順、子宮筋腫や不妊と言ったように女性にとってとても深刻な症状が現れてきます。
他にも体の外に排出する必要のある物(おりもの等の老廃物)が体の中に溜まってしまいます。
そうすると、下腹が出て来てしまったり、お尻が大きくなってしまったりと、下半身に大きな影響を与えてしまいます。