ようこそ! 「骨盤を矯正してダイエットする方法」へ
ホーム >  骨盤矯正  > 骨盤矯正を取り入れて、下半身の悩みとさようなら

骨盤矯正を取り入れて、下半身の悩みとさようなら

下半身太りで悩んでいる女性は多いと思いますが、実は骨盤の開きに原因がある事をしっていましたか?
他にも腹筋が弱い人やお尻がペッチャンコの人も骨盤が開いてしまっているそうです。
そして骨盤が開いてしまっている人には、姿勢が良くない人が多いんだそうです。
骨盤が開いてしまっている人の悩みの多くが、冷え性や下腹が出ている、という事だそうです。

これらの悩みが骨盤の開きからきているので、もちろん骨盤の歪みや開きを矯正する事で改善出来ます。
今日は折角ですので、骨盤矯正が出来る体操をご紹介しましょう♪

まず始めに仰向けに寝てください。
その状態で膝を90℃に曲げ、肩幅に開きましょう。
次に腕ですが、両脇にピッタリと付け、手のひらを太ももに付けている状態にします。
そのまま腰を持ち上げてください(この時出来るだけ肩から膝がまっすぐになるようにしましょう)
腰を持ち上げた状態で7秒間保ったら、腰を徐々に下げ、全身の力を抜いて下さい。
これを何回か繰り返したら『大の字』になって数分間休みましょう。
もしかしたら骨盤が開き気味の人は、ポキッポキッと骨の鳴る音が聞こえるかもしれません(^_^;)

この体操は骨盤の歪みを戻す物ですが、もちろん『大の字』になって休憩するのにも大きな理由があります。
それは体操で正しい位置に戻した骨盤の状態を保つためです。
体操を終えてすぐに体を動かしてしまうと、骨盤の位置が歪んでしまった位置に戻ってしまう可能性があります。
骨盤の歪みは日常生活で起こってしまいます。
一度歪み体操をしたからと言ってもまたすぐに歪んでしまいます。
毎日続ける事で、正しい骨盤の位置を保つ事が出来ますよ。